働く人を守る生活と労働基準法で

生活をするからには、働かなくてはなりません。
自営業では自分一人が基準ですから仕事に合わせて休む事もできますし、収入も頑張った分だけ入ってきます。
また、サラリーマンは企業に勤め規定通りの働きをし、そこから給与の支払いをしてもらえます。
労働基準法では、仕事と体に合わせてする事で人の命を守っています。
働きすぎさせないためにも、残業時間にも規定をもってするようにしています。
有休を使うにも、個人のプライベートに入り込むように休む理由を書かせる事をしてはいけません。
もし、その内容を書くようにして、万が一企業がプライベートまで責任を持てるのかという点も来るからです。
さらに、大手企業が下請けに製品を作らせる場合、作るだけ作らせて必要なくなったから買わないというのは、約束違反となります。
下請けを大手企業から守るためにも、下請法があります。
ただし、下請けも資本金によって守られる場合とそうでない場合があります。

sabu用置換

sabu用置換