知らないと恥ずかしい法律と憲法の根本的な違い

若い人はもちろん、大人の人であっても、法律と憲法の違いを明確に説明できない人がいます。
政治議論をするためには欠かせない知識となりますから、この点はしっかりと把握しておきましょう。
まず憲法ですが、これは国を縛るルールになります。
国が無茶をして国民に迷惑をかけないようにと、国に一定の制限をかけているのです。
一方の法律ですが、これは国民の一人一人に適用されるものです。
個人が無茶をして、社会に迷惑をかけることを防いでいます。
つまり、憲法と法律はその目的と対象が違うということになります。
憲法は国に対して制限をかけ、法律は人に対して制限をかけます。
この違いを明確にしておかなければ、いざ政治議論をしたときに恥をかいてしまうかもしれません。
気をつけましょう。
この違いが分かれば、内容も把握しやすくなります。
ただ、憲法の中にはまるで国民に命令をしているような条文もあります。
あやふやな部分も確かにあることだけは知っておきましょう。

sabu用置換

sabu用置換